あさりのお宿宿泊約款

    第1条 当館が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、
         この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。

    第2条 当館に宿泊契約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当館に申し出ていただきます。
         @宿泊者名A宿泊日及び到着予定時刻B泊料金Cその他当館が必要と認める事項

    第3条 宿泊契約は、当館が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。
       2 前項の規定により宿泊契約が成立した時は当館が定める申込金を、当館が指定する日までにお支払いいただきます。
       3 第2項の申込金を同項の規定により当館が指定した日までにお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失う
         ものとします。

    第4条 当館は次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
         @宿泊の申し込みがこの約款によらないとき。A宿泊しようとする者が法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する
         行為をするおそれがあると認められるとき。Bいかなる意味においても暴力団と関係がある者からの申し込みがあった場合。
         C明らかな伝染病患者が宿泊しようとするときD宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、または合理的な範囲を超える負担を
         求められたとき。

    第5条 宿泊客は当館に申し出て宿泊契約を解除することができます。
       2 当館は宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部または一部を解除した場合次に揚げる料率を契約金額に
         乗じた違約金を申し受けます。@宿泊申し込み時から8日前まで20%A4日前まで30%B2日前まで50%C前日90%
         D当日100%E連絡なしの不泊100%
       3 当館は宿泊客が連絡をしないで宿泊当日の午後6時になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたもの
         とみなし処理することがあります。

    第6条 当館は次に掲げる場合においては宿泊契約を解除することがあります。本条により当館が契約を解除した場合、宿泊者はまだ
         当館より役務の提供を受けていない場合であっても損害賠償の一部として契約金額の全額を契約者にお支払いいただきます。
         @宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、
         または同行為をしたと認められるとき。A宿泊者がいかなる意味においても暴力団関係者その他反社会的勢力の関係者であるとき。
         B宿泊者が当館または他の宿泊者に対し著しい迷惑を及ぼす言動をしたと認められるとき。C宿泊客が明らかに伝染病者であると
         認められるとき。D宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。E当館の定める
         禁止事項に従わないとき。

    第6条 宿泊客は自己の財産権利を自己の責任において管理してください。盗難や第3者の汚損毀損について当館は責任を負いません。
         駐車場につきましても車の管理は宿泊者当人の責任で行っていただき、当館は場所の提供をするのみで事故や落下物の管理責任
         は負いません。

    第7条 当館は宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊者に損害を与えたときは、その損害を
         賠償します。ただしそれが当館の責めに帰すべき事由によるものでないときはこの限りではありません。
       2  当館は万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。

    第8条 宿泊者の故意または過失により当館が損害を被ったときは、当該宿泊者は当館に対しその損害を賠償していただきます。